nakaさん家の育児&趣味日記

真空管の魔力

f0224732_6572783.jpg

真空管プリアンプの管がヘタってきたので交換することにしました。

f0224732_6573257.jpg

使用されているのはプリ管のみで、Philips社の5814A、6DJ8の左右ペア構成です。

6DJ8は入手しにくいな~と色々探しているうちに、今更ながらに管による音色の違いに興味を持ち始め、購入を機に聞き比べてみました。
(ちなみに5814Aと差し替え可能な管は12AU7、ECC82、ECC802等、6DJ8から差し替え可能な管は6922、ECC88、E88CC等になります)

f0224732_6573645.jpg

まずは、現行管であるスロバキアJJ社の802Sと、E88CCと入れ替え。
交換前のPhilips管がいい加減ヘタっているので純粋な比較になりませんが、聴いた瞬間に音の厚みと粘度があがったのがはっきり分かります。
何だか、この音はどこかで聴いた覚えがあるなぁ・・・
あぁ、電源ボックスのカバーをカーボンに替えた時の音だ!と気がつきました。
ダイナミックレンジが広くなり、低音は今まで以上にズンと沈みこみ身体に響きます。
真空管を変えると機械が1ランク上がるとは耳にしていましたが、予想以上の変化にびっくりしました。
吸音パネルに囲まれた超デッドな部屋にも係わらず、情報量の増加と余韻の長さが体感できるので、聴いてて思わず顔がほころんでしまいました。
年末にトリニスターを返却し、正月明けに部屋にソファーを戻してからは、センター周辺の音の密度が落ち、定位や鮮度が褪せた音にがっかりしてたんですが・・・失っていた生気が蘇ったようです。
さらに1日経つと、音に深みが増して、部屋中が活き活きとした音に包まれるようになりました。
ピアノの板を叩いた瞬間の硬質の音と、響板の余韻が生々しくなりました。
生活の利便性と音質のどちらを優先するかでジレンマを抱えていましたが、そんな悩みは吹き飛びました。
もしこの状態でソファーを撤去してスピーカーを調整すれば更に素晴らしい音になるんでしょうが、子供が大きくなるまでは、一緒にこの音を聴ければ十分だなぁと感じました。

f0224732_6574140.jpg

2日後、今度は米国RCA社の12AU7A(グレー)と、オランダAmperex社の笛吹童子ことBurgle Boy(ECC88)に変更。
アンプの構造上6DJ8の音の影響の方が大きいため、今回はそちら側に比重をおいた組合せです。
音の奥行き表現のRCA、高域や余韻が美しいBurgle Boyという事前イメージはあったのですが・・・
付け替えて音を出した途端、、、まさに絶句で思考が止まりました。
何もかもイメージしていた音と次元が違う。
これ本当に同じ機械から出ている音なんだろうか??
比喩ではなく本当に部屋が音で埋め尽くされます。
これまでも、電源周りを強化した時などに「音の壁」と表現しましたが、それらが薄く感じるほど濃縮された厚い壁で部屋が満たされました。
バイオリンの弦は倍以上に太く、力強く、そして消え際までの余韻が非常に長い。
ケーブルやエフェクターなどの人工的な余韻ではなく、あくまで自然で、それでいて消え際まで情報量の塊のような音です。
聴いたのが深夜ということもあり、時間の感覚がおかしくなるくらい、一音一音がゆったりと濃密に流れていきます。
この部屋でこんな余韻が再現できるなんて、、、思わず鳥肌が立ちました。
以前の状態でトリニスターminiを導入した時以上の立体感。
空間に奏者が出現し、前、横、斜め後ろ、後方といたるところから容赦なく音が生まれてきます。
奥行き間の再現なんてもんじゃなく、その場所から音がしているように錯覚します。
パイプオルガンのミサ曲も、今まで気づかなかった更に一段低い音が足元を満たしてくれます。
情報量の塊なのに、冷たい解析的な音はせず、そこにあるのは甘く温かい蜜のような音。
以前の管が牛乳を温めたホットミルクとすると、JJ管は練乳を混ぜた濃いホットミルク、そしてこれは練乳そのまま、というくらい密度と粘度の桁が違うのです。
試聴のように、神経を集中して聞き比べる必要なんかありません。
スピーカーのセッティングやソファーの存在なんか気にするな、と音楽が寛大に包んでくれます。
体の力を抜きながら音楽の波にのまれ、身体が自然と歓喜に震えます。
音楽ってこういうものだよなぁ・・・と忘れかけていた気持が蘇りました。

そして、、、心地よさに身をゆだねて、いつものごとく明け方までソファーで眠りこけました(爆)
(音質重視のため元々暖房を入れないので)防寒着を大量に着こんでいたので助かりましたが、下手をすれば大風邪をひくところでした。
この時期は本当に気をつけないといけませんね(汗)

f0224732_6574669.jpg

たかが真空管、されど真空管。
今更ですが、その奥の深さに完全にノックアウトされてしまいました。
うーん、これでRCAのブラックプレート管なんかに変えたら一体どうなっちゃうんだろう・・・
消耗品ゆえにこの音の賞味期限も2~3年ほどですが、これからはもっと積極的に色々な管に変えて音を愉しんでみます。
[PR]
by naka_akkun_love | 2011-01-18 07:50 | オーディオ(真空管)

愛息あっくんと過ごす日々の記録と趣味(オーディオと食べ歩き)日記
by naka_akkun_love
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

玉突き事故
at 2011-10-30 09:59
待ちに待った秋祭り♪
at 2011-10-14 21:57
幼稚園の運動会(10月)
at 2011-10-14 21:07
週末はプチ贅沢ランチ
at 2011-10-04 21:29
久しぶりのデオデオ
at 2011-09-26 23:07
パジャマでおじゃま♪
at 2011-09-24 22:42
幼稚園の運動会(9月)
at 2011-09-23 19:26
緊急手術
at 2011-09-20 20:59
幼稚園の体験教室(9月)
at 2011-09-20 12:55
マツダスタジアムでナイター観戦
at 2011-09-15 23:08

☆管理人のmixi☆

http://mixi.jp/
show_friend.pl?id=27152773

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな