nakaさん家の育児&趣味日記

カテゴリ:音楽・CD( 12 )

宮本笑里リサイタルツアー2011 "for" (その2)

東日本大震災が起きた3月11日の晩、宮本笑里さんのコンサートに出かけました。
この時は大地震の被害や友人の安否に不安を抱きながらも、原発事故なんて考えもしませんでした。

先週末、この日のプログラムを書いたメモが出てきました。

---------------------------------------------------------------------
19:00 第一部開演
笑里さん、森の妖精のようなエメラルドグリーンのドレスで登場。

■愛のあいさつ

(笑里さんMC)

■メヌエット
■ZERO

(笑里さんMC)

■白鳥
■感傷的なワルツ
■エストレリータ

(笑里さん、ピアニスト浦壁さんのMC)

■水の戯れ(浦壁さんソロ)

(笑里さんMC)

■Marina Grande
■地球のこどもたち

ここまでで19:45

15分休憩

20:00 第二部開演
笑里さん、桜の花びらような薄紅色のドレスで登場。

■ツィゴイネルワイゼン

(笑里さんMC)

■春

【アンコール】

■butterfly

【アンコール】

■チャールダーシュ

ここまでで20:40(演奏会閉演)

【サイン会】
CD購入者へのサイン会
---------------------------------------------------------------------

宮本笑里さんを生で見た感想は、小さいなー、やっぱり可愛いな~でした(笑)
でも演奏は繊細さだけではなく緩急さも加わり、過去のアルバム曲も伸びやかさと力強さが感じられました。
技巧派のサラサーテの曲に負けない技術もみせてくれました。
優等生的な演奏を想像してたので、ちょっと嬉しい誤算でした^^
小さい会場によるミニコンサートだったけど、zeroの進行みたいなたどたどしいMCがまた可愛く(笑)、ステージまで近くて観客と笑里さんが一体になれる温かいコンサートでした^^

なんだか自分の娘の発表会に臨んだ親の心境で見てしまい、自分も年とったなぁ~と変な実感をしてしまいました(^^;(ミーハーなのでサイン会も参加しましたケド)


コンサートの翌日から、我が家のオーディオ機器の電源はずっとオフのままでした。
自粛や節電の意志ではなく、単純に、部屋に篭って音楽を楽しむ気が起きなかったのです。

先週末、2カ月ぶりに部屋で音楽を聴きました。
うん、やっぱり音楽は良いです。


東北出張は時期未定の宙ぶらりんの状態です。。。
派遣自体は先方(被災地)でも受理済ですが、どうやら負担軽減のため少しでも近い人を受け入れたいとの配慮が働いているらしく、東北や関東方面からの申請を優先的に処理しているようです。
復興の進む仙台の様子をみると嬉しくもあり、待機のまま時間だけが経っていく現実が歯がゆくもあり。。。
本業を休んで赴く手前、連絡を待つことしかできないのが辛いところです;
[PR]
by naka_akkun_love | 2011-05-18 08:26 | 音楽・CD

宮本笑里リサイタルツアー2011 "for"

妻から「久しぶりだし行ってきてもいいよ^^」とお許しが出たので、今晩羽根を伸ばしてきます♪

音響的には「???」な会場だけど、職場から近いし交通の便が良いのは◎ですね♪

のんびり目と耳の保養に行ってきます^^


【プログラム(予定)】
サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」、エルガー「愛の挨拶」、ポンセ「エストレリータ」 他

【出演】
宮本笑里(ヴァイオリン)、浦壁信二(ピアノ)

宮本笑里オフィシャルサイトblogはこちらです
[PR]
by naka_akkun_love | 2011-03-11 12:59 | 音楽・CD

ガラスCD

以前、ヘムHEMさんに聞かれたことがあるガラスCDですが、久しぶりに発売のニュースを目にしました。
個人的に苦い思い出のあるジェニファーウォーンズの「THE HUNTER」。
所有しているLPは昨年発売の限定リマスター版ですが、曲・音質ともに目から鱗の素晴らしい内容だったので、オリジナル音源のガラス版の音がどんなものなのか非常に興味があります。

ケタが1つ低ければ買うんだけどなぁ(笑)
akkeyさんとか買わないかなぁ・・・?


某資料の外注許可がおりたので、連休中の休日出勤は回避できそう。
体力もほぼ回復したので、ブログの方も再開できそうです^^
[PR]
by naka_akkun_love | 2010-10-08 07:53 | 音楽・CD

MITCH MILLER Star Box

一日家族サービスに徹したご褒美に、昨晩は9時からオーディオルームに篭る許可が下りました^^
(あっくんのお風呂は妻が担当してくれました)
さすがにこの時間だと寝ないでちゃんと最後まで聴けました(笑)

f0224732_7421066.jpg

「MITCH MILLER Star Box」(リンク先で全曲試聴できます)
名前は知らなくても、誰もが曲を知ってる有名なミッチ・ミラー合唱団。
発売日にデオデオ地下のCD売場ででディスプレイされてて、懐かしさのあまり衝動買いしたCDですが、無性に聴きたくなって6年ぶりにかけてみました。

やっぱり名曲はいつ聴いても良いですね^^
合唱団参加者の9割が初心者だったそうですが、とにかく聴いていて楽しく、胸が躍ります。
メンバーの皆さんが心から楽しみながら歌っている。その思いがダイレクトに心に響きます。

改めて聴くと、収録曲によって思った以上の音質差があったりもしますが、そんなことも全く気にならないくらい、音楽(合唱)の楽しさを再確認できるCDです♪
録音の良い曲は、それこそ部屋の中に合唱団のメンバーが現れて自分を囲むように歌い上げてくれるので、時間を忘れて団員になったような気分で一緒に口ずさんでしまいます^^
「ユー・アー・マイ・サンシャイ」「峠の我が家」「黄色いリボン」「史上最大の作戦」「大脱走のマーチ」などなど、古き良きアメリカンテイスト満載のベストCDなので、イライラした時や落ち込んだ時なんかに聞くと清々しい気持になれる、オススメの1枚です。
[PR]
by naka_akkun_love | 2010-08-17 08:01 | 音楽・CD

HMVの魔力

今更ですが、HMVってCD安いですね~
これまでは基本的に国内版はデオデオ本店の地階で購入し、輸入版はamazonで購入してたので、HMVは利用したことがありませんでした。

本日、amazonで売り切れてたお目当てのCDが入荷されたので、ついでに他のCDも探してたら「HMVの方が安い」とのコメントが目に止まりました。
で、気になってHMVを覗いてみると・・・本当に安い;

しかも今なら3枚で最大30%OFFに加え、本日中に購入すれば10%のポイントが貯まるという魅惑のキャンペーン付!

思わず大人買いをしてしまいました(--;

Living Stereo 60CD Collection
名演揃いで高音質のリビングステレオシリーズの全集がこの値段!
SACDを含め既に10枚ほど所有しており、以前なら今更CDを買う気はありませんでしたが・・・
Hブレーカー導入後はCDもSACDと遜色ない音で聞けるようになり前ほどSACDに固執しなくなったことと、「オリジナルマスターテープからのDSDマスタリング」という触れ込みに購入を決意。
あの名演達がこの価格で手に入るのなら破格のお買い得セットだと思います^^

Baroque Masterpieces
ソニー音源による60枚組のバロック音楽BOX。
バッハ関連のCDは既に結構所有しているけど、単価110円程度でこれだけのコレクションが手に入るという魅力に負けて購入を決定。

Sacred Music
ハルモニアムンディによる膨大な宗教音楽大全で、宗教楽・声楽好きにはたまらないコレクション。
こちらも収録曲の一部を既に所有しているけど、聞いてない曲も多いため、新たな出会いを求めて購入を決意。こちらも単価は200円程度。しかし本当に良い世の中になったなぁ。


計150枚の大人買いの結果、所有CD枚数は1000枚近くに増えました(笑)
安さに釣られて、逆に高い買い物になるというのはよくありますが、今回は本当に安い買い物だったと思います。
家に届くのが楽しみですが・・・全部聴き終わるまでどのくらいかかるんだろう(^^;

先日の旅行と合わせた今度のカードの請求は・・・考えないようにします(爆)
[PR]
by naka_akkun_love | 2010-08-04 21:31 | 音楽・CD

5周年記念

夕方からは、お世話になってるディーラーの5周年記念レセプションに出席してきました。
1、3周年に続いて今回で3回目です。
f0224732_0104178.jpg

私にしては珍しくクジ運が良く、ステージから5mという良席をゲット^^
ただ、当初200名→260名まで増えたため、1テーブル12名のすし詰め状態;
ここの円卓の適正値は8名までだと思うので、これはちょっとキツかった;

そんな荒んだ心を、ヴァイオリン、フルート、ピアノの心地よい音色が癒してくれました^^
店内でいつも演奏されている方々なのですが、どうやらディーラーの楽団らしいです。
f0224732_22545256.jpg

食事の中盤からは、今日一番の楽しみだった椎名まさ子さんのライブ。
ピアノの弾き唄いスタイルを中心に広島で活躍されているジャズシンガーです。
本日もスタンダードなジャズナンバーで耳を癒していただきました^^
f0224732_2349974.jpg

最後には楽団の方の演奏に合わせて熱唱!
こういう組み合わせは「うーん;」ってケースも多いけど、本当に素晴らしかったです♪
iPADやスイートルーム宿泊券の抽選クジは外れたけど、そんなの気にならないくらい大満足な内容でした^^
f0224732_2255724.jpg


今日は宇品の花火大会(10000発)なので、第二部は32階のスカイルームに会場を移して花火鑑賞。
室内では、広島で活躍しているサルサ&ラテンバンドのエル・コンボ・デ・ラ・パスのライブも開催されました。
f0224732_22551733.jpg

32階からの美しい夜景をバックに見る花火は良かったのですが・・・距離が遠い上に防音ガラスのせいで花火の音がまったく聞こません;
やっぱり花火は身体を揺さぶる音と振動あってのものだと改めて実感。
来年は暑くても外で見ないと。
f0224732_225634.jpg

手持ち撮影ではこれが限界でした;

関係者の皆様、本日はお疲れ様でした。
[PR]
by naka_akkun_love | 2010-07-24 23:54 | 音楽・CD

視聴CDいろいろ

部屋の音の暴れが落ち着いてきたので、CDを少しずつ聴いています。
簡単ですが、とりあえず3枚ほど聴いてみた印象など。
f0224732_7475550.jpg

「Kari-gurashi~借りぐらし~」 CECILE CORBEL
崖の上のポニョのテレビ放映時に聴いた時から気になってましたが、先週NHKで生演奏の放送を聴いてますます好きになりました。デオデオポイントが3000円ほど貯まってたので即購入(笑)
NHKで見た弾き語りが良かったので、先入観でクラシック系の好録音をイメージして買ったのですが・・・期待が高すぎて肩透かしを食らいました(爆)
もっとハープの弦の響きが伸びやかに響くように録音されていれば最高なのにな~、残念。
あと特典のミニブック、歌詞カードも兼用しているので使い勝手が悪い!
歌詞カードを付けた上で独立したオマケで付けてくれればよかったのに(^^;
収録されているコルベルの写真も、彩度が低くて色調が暗いのでちょっと怖かった(爆)
と、細かい不満はありますが、収録されている曲はどれも素敵なのでオススメしたいCDです。
年齢を感じさせない独特の声とハープのシンクロに癒されます。優しい気持ちになれるアルバムです。
個人的に中学生の頃にケルト神話やケルト音楽にハマりまくったので、聴いていてどこか懐かしい感じがしました^^

f0224732_748394.jpg

f0224732_17114419.jpg

「楊貴妃」 Eva Alkula / 中井智弥
akkeyさんにお借りしたCDの一枚。
フィンランドの民族楽器であるカンテレと、日本の二十五絃箏による奇跡の競演。
フィンランドと日本、それぞれに古くから語り継がれている名曲7曲が収録されています。
文化の違う2つの絃が、まるで織物のように、時に絡み合い、時に自己主張をしながら一つのメロディとして見事に融合しています。
部屋中が躍動的な絃のリズムで満たされ、コルベルのCDと比べると音質や音場の広さの差に衝撃を受けます(爆)
こちらも心地よい癒し系の曲なので、何も考えずに音に体を預けられます。
(そして毎度のごとく、3曲目が終わらないうちに意識が飛んで朝まで熟睡・・・)
収録曲の中の「おぼろ月夜」は個人的に名曲中の名曲だと思います。

f0224732_1712588.jpg

「THE DIALOGUE」 猪俣猛
2001年発売の同SACDのダイレクトカット版。
ダイアローグとは良く言ったもので、猪俣氏のドラムスと様々なアーティストの、1対1の即興演奏が収録されています。
相手奏者はバス、パーカッション(ボナン、フレキサトーン、鳴子、シンバル、ティパニー)、ヴィブラフォン、フルート、ギター、サクソフォーン、トロンボーンの7人。
相手の出方を伺いながら変幻自在に会話をする2つの楽器の表現力と、奏者の演奏から伝わる緊張感が、生々しい楽器音とともに、耳と脳を身体を突き刺さしてくれます。
声楽やクラシック好きの私としては、普段聴く曲とは対極になので、しっかり心の準備をしてから聴きました(笑)
ステージの空気と奏者の熱意をそのまま真空パックにして持ってきたような素晴らしい録音なので、オーディオチェック用には最適の1枚です。
不満点は、この商品をハイブリッド盤にする意味が分からないこと。その意味でのコストパフォーマンの悪さ。
商品の性質上、シングルレイヤー(できればSHM仕様)で音質を極めるべきだと思うんだけどなぁ。
SACDハイブリッド盤は10年前に既に出ているので、今出す商品としては差別化が弱い気がします。
[PR]
by naka_akkun_love | 2010-07-06 23:48 | 音楽・CD

やってしまった

先月のアバンギャルド視聴会で聴いて良かったのでCDを購入しました。
購入したのはSingles1961-1981(SACD)The HunterParsley Sage Rosemary & ThymeCantate Domino(SACD)の4枚。
個人輸入だと関税が追加でかかるので割高だし、amazonなら輸入CD10%offセールもしてるけど、①amazonだと在庫切れや出品者購入のみの商品があり時間がかかりそうだったのと、②せっかくの円高なので、迷った末に個人購入を選択。

f0224732_76196.jpg

昨晩帰宅すると、無事に商品が届いていました。
が、なんか想像以上に箱がゴツくてデカい(汗)
大きいのは承知してましたが、前回より一回り大きな気がします。
梱包がより厳重になったのかな~と思いながら箱を開けてみると・・・

厳重すぎる箱の中身は
[PR]
by naka_akkun_love | 2010-06-08 07:50 | 音楽・CD

好きなアーティストとか

所有CDのジャンルは、ざっくり分けてクラシック7割(賛美歌・ミサ曲含む)、アーティスト(ポップス含む)2割、雅楽やその他のヒーリング曲が1割の構成です。

クラシックはヴァイオリンやピアノが6割、残り4割がオケ。
アーティストは和洋折衷、癒し系からテクノ、ロックまで聴きますが、基本的に女性ボーカルが8割程度占めています。
そんな私ですが、自分の中で特別なアーティストは?と聞かれて迷わず答えるのが次の4組です。

1組目はSimon and Garfunkel。
多くの人がビートルズを聞く中、私はS&G一筋(^^;
初めて聞いたのは小学4年生で、ファンだった親の影響でした。
そのうち自分でもカセットテープを買い、よく聞いてました。
当時、田舎では珍しくネイティブの英会話教育に力を入れていた中学だったので、一層興味が沸いてテープが擦り切れるくらい聞いていました。
高校の時のサマープログラム(夏休み期間の海外留学)でもS&Gのテープは肌身離さず持ってました。
殆どの曲は今もソラで歌えます(笑)
f0224732_23363893.jpg

CD購入は「Collected Works」(90年)が初めてで、録音レベルは良くないけど、全アルバム楽曲がカバーされてたので、最近まで所有CDはこれだけでした。
オーディオ環境が整ってから他のCDを買い始めたので所有枚数は少ないですが、30年近く慣れ親しんだ一番付き合いの長いアーティストです。


2人目は工藤順子さん。(ここからは全て日本人です)
彼女の歌を初めて聞いたのは、「風のオルガン」という曲で、「みんなのうた」の中で一番好きな曲でした。
メロディも歌詞も歌声も大好きで、長い間CDショップでこの曲を探してまわりましたが、ついにご本人の声で収録されたCDには出会えませんでした。
このまま記憶の中で風化するのか~と思ってたので、25年ぶりにYouTubeで再会できた時は懐かしさと感動で身体が震えました。
アップしてくださった方、本当にありがとうございます。
いわゆる「癒し系」の曲は多く聴きますが、小学生の時に感銘を受けたこの曲が自分の原点であり理想なのかもしれません。


3人目は、こちらも「みんなのうた」でお馴染みの谷山浩子さん。
初めて聞いたのは小学生5~6年くらいかな。
f0224732_025246.jpg

まっくら森の歌、恋するニワトリ、おはようクレヨン、しっぽのきもち。
彼女の曲は、こういった明るく優しい曲もあれば、失恋や孤独、悪夢のような歪んだ空想世界などを歌う暗い曲も多くあります。
中学生の頃には、この二面性も含めて世界観全てが好きなアーティストになっていました。
ただ、92年を最後に彼女の曲を購入しなくなったので、私の中の谷山さんはそこで時間が止まってます(^^;
斉藤由貴(土曜日のタマネギやSORAMIMI等を提供)もデビュー当時からリアルタイムに見てたので、聴くと二重に懐かしくなります。


最後は遊佐未森さん。
仙台に住んでいたころ「地元出身だし応援しよう!」と友人に誘われて聞いたのがキッカケでした。
上の3組が小学生時代に出会ったのに対し、彼女はちょっと遅くて中学2年、ちょうど「空耳の丘」が発売された頃だったかな。
f0224732_034093.jpg

工藤順子さん作詞の曲が多く、気づいた時は嬉しくて、なるほど!と妙に納得した記憶があります。
クセのある独特の歌い方をするため、万人受けするアーティストではありませんが、童話から抜け出たような詩と幻想的なメロディは今聴いても癒されます。


S&G以外は超マイナーというか、見事にマニアックなアーティストばかりですね(^^;
80~90年代は邦楽も洋楽も人並みにつまんでいたので、好きなアーティストは他にも沢山いるんですが・・・一番好きなアーティストは?と聞かれて答えたり、ふとした時に流すのはこの4組が多いです。


考えてみれば、この当時に聴いていた曲が、今の好みに大きな影響を与えていますね。
最初に軽く触れたバロック音楽に触れたのは中学生の時でした。
私は中学~大学までミッション系だったので、自分にとってキリスト教音楽は空気のような存在でした。
特に中~高校時代は毎朝パイプオルガンの伴奏で賛美歌を歌い、時にはハレルヤや第九を合唱し、そんな毎日が本当に楽しかったなぁ。
卒業旅行でヨーロッパを放浪した時も、3年前に新婚旅行でイタリアに行った時も、教会巡りをしてきました。
広大で厳粛な空間で厳かに響く演奏や歌声が好きで好きでたまらないのです(笑)

うさぎ小屋のマイルームですが、いつかあの広大なホール感を再現したいなぁ・・・と思っています。
f0224732_032981.jpg

[PR]
by naka_akkun_love | 2010-04-01 02:37 | 音楽・CD

デリコ

f0224732_2405331.jpg

ものの10分ほど目を離すと、部屋中が空き巣に入られたような惨状に。
特に最近は「折りたたみ脚立」がお気に入りみたいで、暇さえあれば押入れから引っ張り出して、畳やフローリングの上をズリズリ引きずったり、脚立によじ登って届かないように避難させてる物を奪って回ります。
誰しも通る道なので諦めてますが、賽の河原にいる気分です(苦笑)

そんなあっくんですが、週末を利用して断乳を開始します!
本当は1歳半くらいまでにはしなきゃいけないんだけど(^^;
やろうとした矢先に家族で風邪を引いたり、寒くなったりで、すっかりタイミングを逸してしまっていたのでした。
でも流石にもう乳離れしないとマズイので、とうとう決行です。
おっぱいがないと寝れない子なので、土日は徹夜も覚悟してます;


f0224732_2511739.jpg

amazonのマーケットプレイスで購入したCDが届きました。
LOVE PSYCHEDELICOのアメリカ進出記念に出たベストCDで、13曲中10曲が日本版ベストと重なっているけど、全曲リマスタリングしているという際どいバランスのCD。
期間限定で日本でも発売され、国内版にはボーナストラック2曲が追加されてます。

以前から気になりながらも買う気はなかったんですが、「未開封国内版新品680円(+送料320円)」に衝動買いしちゃいました(笑)
さすがに向こうの大御所さんがリマスタリングしただけあって、既存アルバムと比べて別物といえるくらい音質が向上しています。
ただ、amazonの批評でも書かれてましたが、LAST SMILEは明るくなりすぎて違和感が。
哀愁感漂うあの曲調が良いのにもったいないなぁ。
まぁ米国仕様で向こうの人がだし仕方ないか;
[PR]
by naka_akkun_love | 2010-03-12 03:05 | 音楽・CD

愛息あっくんと過ごす日々の記録と趣味(オーディオと食べ歩き)日記
by naka_akkun_love
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

玉突き事故
at 2011-10-30 09:59
待ちに待った秋祭り♪
at 2011-10-14 21:57
幼稚園の運動会(10月)
at 2011-10-14 21:07
週末はプチ贅沢ランチ
at 2011-10-04 21:29
久しぶりのデオデオ
at 2011-09-26 23:07
パジャマでおじゃま♪
at 2011-09-24 22:42
幼稚園の運動会(9月)
at 2011-09-23 19:26
緊急手術
at 2011-09-20 20:59
幼稚園の体験教室(9月)
at 2011-09-20 12:55
マツダスタジアムでナイター観戦
at 2011-09-15 23:08

☆管理人のmixi☆

http://mixi.jp/
show_friend.pl?id=27152773

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな